忍者ブログ
HOME Admin Write
みなさん、こんにちは。|x・)ノ

なんか、2chとかに書かれてるので、ここでちょっと裏話を。



第一審の簡易裁判所の時に、相手方が準備書面の提出もなく出廷もなかった時の裁判官の一言。
裁判官「書面もないし、出廷もないようです。今後どうなるかは分かれてると思いますが、ところで、本当にお金がもらえると思いました?」って聞かれました。

裁判官さんには、「いやー、くれるって書いてるから・・」って答えました。


でも、この時点で「逃げられたな」と正直思いました。
ただ、「仮執行つけてたし、資本金200万円ある会社だし、取れるかもしれない」とも思いました。

相手方が控訴してきたので、「あ、逃げなかったんだ。」と思いました。


第二審で、初弁論って言うんですかね?それが終わった直後に廊下で相手方の弁護士さんと少し立ち話をしました。名刺ももらいました。
相手の弁護士さん曰く「本当にもらえると思った?」と聞かれたので、「くれるって書いてたし・・」って答えました。

続けて弁護士さん「架空の会社なので、(なんたらかんたら)」っと仰られていました。


会社法はよく知りませんが、会社で資産が残っている状態だと、債権者への公告とかしないと解散できない?とかあるのかな?で、ペーパーカンパニーであっても、逃げるに逃げられなかった?とかなのかな?

弁護士・司法書士さん、または目指している人教えてもらえるとうれしい。└(゚∀゚ )┘



ああ、あと、2ch読みました。

「怖くない?」とかに対して。
公式文書に記録が残っていると、なんか安心感がありますね。

というか、ここから大事。\(・_・)
詐欺師どもの私生活に入り込むような攻撃をすると反撃の目に遭う可能性が高いです。

逆に言えば、詐欺師どもの私生活に入り込まなければ大丈夫です。


こんなところかなぁ。。。
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア


最新コメント

[02/10 NONAME]
[04/21 おみや]
[03/02 通りすがり]
[06/23 www]
[05/24 NONAME]

最新トラックバック


プロフィール

HN:
岡山県人
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索


P R


Copyright ©  -- 出会い系サイト運営業者を訴えてみた(出会い系訴訟の巻) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]